多重迷走神経理論の講座-2019年6月15日(土)

なかよし猫たち

イリノイ大学の脳神経学者のスティーブン・ポージェスの『多重迷走神経理論』の全文と他の論文の多くを読破され、2019年5月末に『「ポリヴェーガル理論」を読む -からだ・こころ・社会』(星和書店)を上梓される津田真人先生による多重迷走神経理論(ポリ・ヴェーガル・セオリー)の講座を開催します。

 

多重迷走神経理論は小冊子の翻訳本が春秋社から『ポリヴェーガル理論入門: 心身に変革をおこす「安全」と「絆」』(春秋社)として発売されましたが、残念ながらネット上はかなり誤った、偏った内容にあふれています。

津田真人先生は、上記の小冊子の翻訳が出る前から、数年にわたって継続的に多重迷走神経理論のお講座を開催され、2019年6月にご著書『「ポリヴェーガル理論」を読む -からだ・こころ・社会』(星和書店)を上梓されます。

今回の講座の主旨は、ポリヴェーガル理論とその意味を、神経解剖学の基礎と合わせて、きちんと理解することです。

また今回の講座では、今まで軽視されがちだった背側迷走神経の肯定的な役割についても、お講座のなかでふれていただきます。

これほどまでの内容は、日本では津田さん以外の方はほぼまったく行っていません。

 

こんなことはありませんか?

    • セラピストとして、あるいはコーチとして、どうしてあるクライアントさんには効果的だったことが、他のクライアントさんにはうまく働かないのか分からない。
    • セラピストとして、、あるいはコーチとして、大成功だと思っていたセッションが、後になって実は大失敗だったということを知ったときに、なにがいけなかったのか分からない。
    • 達人のセッションにあこがれるが、どうやってよいのか分からない
    • 適切なセッションを行いたいと思っているが、どのように判断してよいのか分からない

 

この講座は座学ですが、こういったお悩み解決のための第1歩として、クライアントさんのどこを見たらよいのかということに関するヒントを得ることができる講座です。

 

 

多重迷走神経理論の概略については、こちらを参照してください(ただし、かなりはしょった内容です)。ご興味をお持ちの方は、ぜひ津田先生のお講座をご受講ください。

 

 

講師の津田真人先生は、もともと心理学の研究者で国立大学(一流大学)の講師としてキャリアをスタートされました。しかし、実際に困った方たちのお手伝いをするために、鍼灸師の資格を取得され、操体法も修得され、臨床で精神的に追い込まれた方たちを臨床の現場でサポートしてこられました。ソマティック・エクスペリエンス®というトラウマ療法のプラクティショナーにもなりました。

日本では時代を先取りして、「こころ」と結びついた「からだ」の役割に注目され、取り組んでこられた方です。。

 

 

日程

2019年6月15日()9時30分から18時30分(途中1時間程度のお昼休憩有り)

 

会場

詳細は お申し込みの方にお知らせします。

都営浅草線・東京メトロ銀座線「東銀座」下車 6番出口より徒歩5分

都営大江戸線「築地市場駅」下車 A1番出口より徒歩5分

都バス「築地」下車 徒歩3分

都バス「築地3丁目」下車 徒歩3分

 

定員

55名

 

受講料

9,500円

※事前にお振り込みをしていただきます。

通常はお申し込みから7日以内にお振り込みいただきます。

開催直前のお申し込みの場合には、6月13日(木)15時までにお振り込みを完了していただきます

もし、それ以降にお申し込みをされる方は、東・東京身体研究会のかわかみひろひこまでご連絡をお願いします(PHS 070-5551-8007)。

 

昼食お弁当

当日はお昼休憩が1時間程度しかありません。お弁当をご持参されるか、お申し込み時にいっしょに注文されることをお勧めします。

とんかつまい泉の次のいずれかからお選びくださいませ。
いろいろ弁当(850円)
十彩(じゅっさい)弁当(850円)

 

講師プロフィール

津田真人(つだまひと) 

東京都国立(くにたち)市にて1998 年5 月より、心身社会研究所自然堂(じねんどう)治療室・相談室を主宰。

約20 年にわたり、ひとりひとりの“からだ・こころ・社会”を大切にしながら、心理セラピー、精神保健相談やボディワーク等を行なうと同時に、地域で各種「障害」者との関わりをはじめ、さまざまなソーシャルワークにも従事。

一橋大学大学院社会学研究科後期博士課程修了。精神保健福祉士。鍼灸師。あんま・マッサ-ジ・指圧師。

SE 東京4 期修了、SE認定プラクティショナー(SEP)。

首都圏の大学等で「社会心理学」「メンタルヘルス論」その他の非常勤講師も務める

イリノイ大学の脳神経学者のスティーブン・ポージェスの『多重迷走神経理論』の全文と他の論文の多くを読破され、この6月上旬に『ポリヴェーガル理論を読む――からだ・こころ・社会』(星和書店)を上梓されます。

 

持ち物

『「ポリヴェーガル理論」を読む -からだ・こころ・社会』「ポリヴェーガル理論」を読む -からだ・こころ・社会』を必ずご持参ください。

津田真人先生著

星和書店より2019年6月3日刊行予定。

(税抜き 4,800円)

 

筆記具

 

募集要件

次の1または12のいずれかの条件を満たす方

  1. ソマティック・エクスペリエンス®のプラクティショナー、または訓練を受けている人
  2. スティーブ・テレール博士による早期トラウマに働きかけるタッチセラピー講座 モジュールI  2017年3月2~5日(4日間)を受講された方
  3. ダイアン・プール・ヘラー博士による、DAReR プログラムThe Dynamic Attachment Re-Patterning Experience (DARe)モジュールI&II 2017年10月20~25日(6日間)を受講された方
  4. デーブ・バーガー氏によるBASER Bodywork and Somatic Education for Trauma Therapists トラウマセラピストのためのボディワークとソマティック・エジュケーション モジュールI&II   2018年  2月8~12日 (5日間)を受講された方
  5. アレクサンダーテクニーク、フェルデンクライス・メソード、ストラクチュアル・インテグレーション、ピラティス、整体をお仕事としてされる方、または資格を取得ためのトレーニングを受けている方
  6. 医師
  7. 看護師
  8. 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士または資格を取得するための訓練中の方
  9. 臨床心理士・公認心理士・認定心理士
  10. 催眠療法・コーチング・カウンセリング・NLPをお仕事として行う方
  11. 小中学校・高等学校の教師、養護学校の教師、特別支援学級の講師
  12. その他

 

 

5から12に当てはまる方は、もし可能であれば、事前にソマティック・エクスペリエンスのセッションを受ける。

 

お申し込み・お問い合わせ

お申込期限は、613日()24時です。

 

ご希望 (必須)
多重迷走神経理論講座のお申し込み

 

お弁当(必須)
いろいろ弁当(850円)十彩(じゅっさい)弁当(850円)弁当は注文しない

 

参加規約

当ページ末尾の参加規約(津田真人氏の著作権規定を含む)に同意する

当参加申し込みをもって、著作権を含む参加規約に同意したものとみなします。

 

参加資格

ソマティック・エクスペリエンスTMのプラクティショナー、または訓練を受けている人スティーブ・テレール博士による早期トラウマに働きかけるタッチセラピー講座 モジュールI  2017年3月2~5日(4日間)を受講された方ダイアン・プール・ヘラー博士による、DAReR プログラムThe Dynamic Attachment Re-Patterning Experience (DARe)モジュールI&II 2017年10月20~25日(6日間)を受講された方デーブ・バーガー氏によるBASER Bodywork and Somatic Education for Trauma Therapists トラウマセラピストのためのボディワークとソマティック・エジュケーション モジュールI&II   2018年  2月8~12日 (5日間)を受講された方アレクサンダーテクニーク、フェルデンクライス・メソード、ストラクチュアル・インテグレーション、ピラティス、整体をお仕事としてされる方、または資格を取得するためのトレーニングを受けている方医師看護師理学療法士、作業療法士、言語聴覚士または資格を取得するための訓練中の方臨床心理士・公認心理士・認定心理士催眠療法・コーチング・カウンセリング・NLPをお仕事として行う方小中学校・高等学校の教師、養護学校の教師、特別支援学級の講師その他

 

ご紹介者

津田真人さん花丘ちぐささん(通称テレサさん)さとうふゆおさん吉井佐和子さん浅井咲子さん寿原煌介さんかわかみひろひこその他の方のご紹介紹介者なし

学びたいことはなんですか? どんなことを期待していらっしゃいますか?  上記以外の方が紹介者の場合、こちらにご記入ください(必須)

 

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

領収証宛先 (必須)

メールアドレス (必須)ケイタイ・hotmailは避ける

当日のご連絡先お電話番号 (必須)

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)

参加規約

第一条 受講生資格の発生と規約の効果

  1. この参加同意書の効果は、受講申込後に永久に発生し、受講の際に主旨に賛同し、規約を遵守するということが理解できているものとします。

第二条 著作権

  1. 翻訳資料な講座の内容に、津田真人氏の著作権が成立していることを理解しているものとします。
  2. 「ポリヴェーガル理論」を読む -からだ・こころ・社会』の無断転載転出禁止に同意しているものとします(例えば本の表紙ではなく、本の中身を写真に撮ってWEBにアップするなどの行為)。

第三条 受講料

  1. 受講料を指定された期限までにお支払いください。お振り込み手数料はご負担いただきます。
  2. 受講生が主催者に支払われた料金は原則として、返却しないものとします。
  3. 受講生が当規約に違反した場合、警告・退場の場合、料金は返却いたしません。
  4. 領収書については、銀行振り込みの場合は、振り込み用紙をその代用とします。現金での場合は同時履行の原則に基づき、その場での発行のみとさせて頂きます。
  5. キャンセルポリシー
    • 5月14日(火)午前0時までにキャンセルをお申し出があったときには、受講料を全額お返しします。
    • 5月14日(火)午前0時以降にキャンセルされるときには、キャンセル料として受講料の100%を申し受けます。他の方に出席される権利を譲渡することはできますが、必ず事前に事務局あてにご連絡くださいませ。
    • なお、返金がある場合にも、お振り込み手数料は差し引かせていただきます。
  6. やむを得ない理由で講座が開催されなかった場合、受講費のみが返金されます。そのほかの費用について主催者ならびに講師は責任を負いません。

第四条 拒否権

当講座への参加に際して、許可しない場合があります

  1. 講座受講に際し、虚偽の事項を申請した場合、あるいは後日、それが発覚した場合
  2. そのほか、主催者が不適切と判断した場合
  3. 何らかの疾患のある方は、医師の許可を得た旨の申告なき場合

第五条 禁止事項

講座中および講座の後も、次の行為を禁止します。

  1. スティーブン・ポージェス氏ならびに講師津田真人氏の著作権、その他の知的財産権を侵害したり、侵害するおそれのある行為
  2. 主催者もしくは第三者に不利益、もしくは損害を与える行為や、そのおそれのある行為。
  3. 公序良俗に反する行為、またそのおそれのある行為、公序良俗に反する情報を他の受講生や第三者に提供する行為
  4. 事実に反する、また、そのおそれのある情報を流布する行為
  5. 講師ならびに主催者の信用を傷つける行為やそれに類する行為
  6. セミナー受講生間の販促行為、勧誘行為(ただし主催者の許可を受けて、主催者に預けたチラシの配布は除く)
  7. セミナー受講生間、講師および主催者の間において金銭などの貸し借りをする行為
  8. インターネットなど、公開された場で講師や主催者や他の受講者の信用を傷つける行為やそれに準ずる行為、発言、書き込みなどを行うこと。
  9. その他、主催者および講師が不適切と判断する行為

 

第六条 講座の受講に際してのマナー

下記のマナーを守ることができない場合、警告、退場もあります。その場合、いかなる状況でも講座受講料は返却されません。

  1. 講座中は講座講師の指示に従います。
  2. 講座中は講座の進行を妨げるような行動、発言や質問などは致しません。
  3. 講座中は特に許可されない限り、録音・録画などの一切の記録行為を致しません。
  4. 講師 津田真人氏、主催者 東・東京身体研究会 かわかみ ひろひこ、スタッフ、セミナー受講生の誹謗・中傷などは致しません。
  5. 講座中での質問は講座の内容に関する質疑を、予定された質疑応答の時間内においてのみ致します。
  6. 講座中での質問は講座に関連する質問のみとします。

 

第七条 免責

  1. この規約は予告なく変更する場合があります。
  2. 講座受講に際し、すべての責任は受講生にあり、自己責任において受講していることを理解しているものとします。主催者および講師は、どのような損害も、その内容、態様にかかわらず、なんら責任も負担も致しません。
  3. 主催者は講座受講生に際し、告知なしに講座の内容を変更する場合があります。
  4. 受講生間での発生したすべてのトラブルに対し、講師ならびに主催者は一切の責任を負いません。

第八条 効果

以下の効果を理解し、セミナー受講をいたします。

  1. セミナーの習得状況は個人の差があります。
  2. セミナーで取得した技術等は、日々の研鑽が必要であり、研鑽をしないと効果は出ません。

第九条 不可抗力

天災、講師の急病等、やむをえない理由で、セミナーが開催されなかった場合、主催者は講座受講料を受講生に返却します。主催者はそれ以上の責任を負いません。

第十条 知的財産権

当講座にかかわる内容については、その知的財産権は津田真人氏に帰属します。もし講師 津田真人氏が録音録画する場合は、ワークショップ中に参加者が発言、出演した内容については、その知的財産権はすべて講師 津田真人氏に帰属します。個人が特定されない範囲で、マスコミ、インターネット上、出版物等にその内容が紹介される場合があります。

第十一条 法廷闘争権の放棄

いかなる理由をもっても、講師 津田真人氏や主催者 東・東京身体研究会 かわかみひろひこ、およびその関係者に対し、損害賠償の請求等法的訴訟を行うことをしないことを約束します。万一係争が発生した場合、東京地方裁判所を所轄裁判所として指定します。

第十二条 損害賠償の請求

受講生が上記項目に抵触した場合、損害賠償請求の対象になる場合があります。

 

参加規約は国際メンタルフィットネス研究所の許可を得て、参照させていただきました。